理事長あいさつ


理事長 栗栖小枝子

「清流つちくれの家」が昨年開設10周年を迎えました。
広島市安佐北地域の方々や保護者の力強い支えと暖かい支援が有ってここまで来ることができました。
作業所の仲間も増え平成26年11月から生活介護事業「いきいき」が開所されました。障害を持つ仲間にとっても、保護者の方にとっても、地域社会の中でも「清流つちくれ」がなくてはならない場所になっています。
今後、更に、人生を共に豊かに生き社会とつながっていく場所として発展していくことを願っています。
まだまだ課題は沢山有りますが、仲間が明日の自分を目ざして生きていけるよう努力していきたいと思います。
清流つちくれは
  1. 仲間と一緒に働く場であり、ここに通うことが楽しく、生き甲斐となり誇りに思える場であること
  2. 例え親と一緒に住んでいても、昼間は家族以外との関りの中で、自分以外の他者を信頼し、人と人との中で生きて、その関りをとうして豊かに成長し心豊かな暮しをめざす。
  3. 自分でできることは自分でしつつ、場面や状況によって人を頼ったり、手伝ってもらったりできる力をつける。
    他の人との関係を広げることは、生きる力につながるので、そのことを自分で決めていけるようになっていく。

以上を目標に運営していきます。また将来のことを考え、グループホーム等で暮らしていける力、余暇を仲間と楽しむ力などをつけていけたらいいですネ